【WDWへの道3】不思議な腕輪?マジックバンドって何??

Facebook

ウォルトディズニーワールド(以下WDW)には、東京のパークとは異なる制度が色々あります。
その中で最も異彩を放っているのが「マジックバンド」。
これがとっても便利なんです。
今回はマジックバンドとは何か、どんなことができるのかご紹介します!

1.マジックバンドとは?

端的に言うと、ICチップが入った腕輪のことです。
この腕輪のおかげで、パークのパスポートからホテルルームキーなど、色んなものを一元管理!
パスポートはどこへ、ルームキーはどこへ…と探すことがなくなります。

しかも直営ホテル宿泊者は無料でもらえます!ありがたや〜。
(宿泊していない場合はカード型のパスポートとなりますが、マジックバンドはパークで購入でき、データを移し替えることができるそうです)
マジックバンドは通常はグレーですが、ホテルのオンラインチェックインとともに、色のカスタマイズも可能です。
7,8色から選べ、今回私はオレンジにしました。
(前回の手続きの流れの記事も参照ください)

アメリカ在住の場合、オンラインチェックインが済んでいれば事前にマジックバンドが送付され、ホテルでのチェックインの必要なく部屋まで直行できるらしいのですが、日本から行く場合は郵送サービスはなく、チェックイン時にマジックバンドが渡されます。
でもオンラインチェックインが済んでいれば、チェックイン時には簡単な手続きでマジックバンドがもらえますのでご安心を。

さぁ、以下ではどんなことができるか、具体的にみていきましょう!

パークから戻ってきて、ルームキーを探す手間がかからないのは嬉しい!部屋の前でピッとするだけでOKです

2.マジックバンドでできること

(1)パークパスポート代わり

チェックイン時にはすでにパスポートのデータが入っています。
チケット窓口に寄って発券…しなくていいんです!

(2)ホテルのルームキー代わり

こちらもチェックイン時にはすでにデータが入っています。
パークから戻ってきて部屋の前でルームキーを探す…ってことが不要です!

(3)ファストパスプラス代わり

WDWでは紙のファストパスがなく、全てオンライン上でファストパスの手続きが行われます。
(だからファストパス「プラス」なんですね)
しかも日本との大きな違いに「事前予約制」というのがあります。
事前予約したファストパスプラスもマジックバンドの中に組み込まれているので、ファストパスの時間になったら、アトラクションに直行するだけでOKです。
(ファストパスプラスの詳細は後日)

ファストパスプラスの時間がきたら、アトラクションのファストパスプラス専用レーンの前でピッ!

(4)フォトパスカード代わり

日本で言うところのフォトキーカード(キャラクターグリーティングなどで撮影した際、カメラマン撮影の写真をオンラインで確認できるもの)に当たるフォトパスカード。
カメラマン撮影分も、アトラクション乗車時に撮影されるライドショットも、マジックバンドでピッとするだけでOKです。
(フォトパスについても詳細は後日)

「テストトラック」というアトラクションのライドショット。これも該当の写真の前でピッ!

(5)財布代わり

地味に便利なのが財布代わりに使えること。
チェックイン時にクレジットカードの登録と暗証番号の登録をすれば、マジックバンドがお財布に変わります!
レストランやショップはもちろん、ワゴンのドリンクまで使えるので、財布を部屋に置いてきてしまっても、アメリカドルの手持ちが少なくても問題なしです。
財布代わりに使いたい時は、マジックバンドで支払いたい旨を伝え、ピッとかざした後に暗証番号を入力!
利用明細はホテルのチェックアウト時にメールで送付されてきますよ。

レストランの注文画面の下にマジックバンドをかざすところが(ビー・アワ・ゲスト・レストランにて)

どうですか?便利でしょ?
早く東京のパークにも導入して欲しい…。
今のところWDWのみのサービスですが、今後は他のディズニーパークでも使えるようになるのか?
期待しましょう〜!

「【WDWへの道3】不思議な腕輪?マジックバンドって何??」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です