【WDWへの道】小さなお子さんと一緒に!「ディズニージュニア」とダンス

Facebook

特にアメリカのお子さんに知られているテレビ番組に「ディズニージュニア」関連のものがあります。

こちらはCS放送「ディズニーチャンネル」で放送されているディズニーオリジナルアニメーション(日本でも放送されています)。

ミッキーなどの既に映画などで知られたキャラクターからここのみのオリジナルキャラクターまで、様々な子ども向けのオリジナルアニメが放送されていますよ。

実はこのディズニージュニアに登場するキャラクターはアメリカのディズニーパークでも登場中。

グリーティングやショーに登場しています。

今回はこのうち、フロリダ・ウォルトディズニーワールドの第3パーク「ハリウッドスタジオ」のショー「ディズニージュニア・プレイ&ダンス!」をご紹介します。

1.ディズニージュニア・プレイ&ダンス!とは?

「ディズニージュニア・プレイ&ダンス!」とは、「ディズニージュニア」のキャラクターと一緒にダンスしましょうというお子さん向けのショーです。

次々ディズニージュニアのキャラクターが登場するので、お子さんでも飽きずに楽しめるかと。

登場するキャラクターは、

  • バンビリーナ(「バンビリーナとバンパイアかぞく」に登場する吸血鬼の女の子)
  • ドック(「ドックはおもちゃドクター」に登場するおもちゃを直す女の子)
  • ティモン(「ライオンキング」のキャラクター、ディズニーチャンネルでは「ライオンキングのティモンとブンファ」というスピンオフシリーズを放映中)
  • ミッキー(ディズニーチャンネルでは「ミッキーマウスとロードレーサーズ」というレースアニメ放送中)

の4人。

これらのキャラクターと一緒にダンスしますよ。

これ以外に進行役のお兄さんがおり、このお兄さんともダンスします。

場所は「アニメーション・コートヤード」のシアター。

1日10回ほど開催されているので、都合のいい時間に行けるのが嬉しいポイントですね。

所要時間は10分強です。

また、「ジーニープラス」対象アトラクションになっています。

取得しておけば一般入場より先に入れるので、より良い場所で見れますよ。

なお、バンビリーナについてはショーのエリアの隣でグリーティングも行われています。

ショー入口。待つ場所は屋外になります。暑いので日除けのものがあると便利
バンビリーナのグリーティングにて。吸血鬼の一家が人間の世界にやってきていかに関わっていくか、というのを子ども向けに描いているストーリーになります

2.ショー内容をご紹介

以下では写真と動画でショー内容をご紹介します。

なお、前方でお子さんたちが飛び跳ねていて見づらいことがありますが悪しからず…。

開始前に進行役のお兄さんが登場し、どんなことを行うか説明します。ちなみにショー中はお子さんのみ立ち上がってOK
いよいよスタート!まずはお兄さんと一緒にダンスをして…
最初に登場するのはバンビリーナ。挨拶ののち…
みんなと一緒にダンスをします。これは吸血鬼のダンスらしい…
続いてドックが登場。おもちゃのお医者さんということもあり、後ろは診察室っぽい感じ
ダンスは…ラジオ体操感が!
それぞれのキャラクターの合間にお兄さんによるダンスもあります。お子さんが飽きないような設計になっていますね
続いてティモン。この辺からディズニーチャンネル未見でもよく分かるキャラクターが登場
最後はミッキー!やはりミッキーへの歓声が最も大きかったです
ダンスはレーサーっぽい動きをします
最後は全キャラクター勢揃い!

<動画はこちら>

いかがでしたか?

日本ではディズニーチャンネルオリジナルのキャラクターがそこまで知られているのかな?という気もしますが…。

でも小さなお子さんがいたら一緒に体を動かして楽しめること請け合いかと。

ショーの回数も多いので、お子さんの様子を見ながら行くのもおススメです。

ミラーボールも登場し、さながらお子さん向けダンスホールといった印象。言葉が分からなくても一緒にダンスしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。