【100冊読書28/100冊】ファシリテーション入門

Facebook

28冊目はその名の通りの「ファシリテーション入門」。

私もファシリテーターの端くれなので、そのスキルはアップデートしたいなと思っていたのです。

さて、どんなところをアップデートできたのか…?

28.「ファシリテーション入門」堀公俊著

ファシリテーションを組織のパワーに発揮するのに、必要な理論や実践スキルを紹介するのが本書。

そして知識創造活動を支援し促進することにつながるという。

(1)問い

・バディのパワーをスキルアップするファシリテーションスキルは?

・合意形成の満足度を高め、対立を解消する方法は?

(2)問いの答え

・ファシリテーションスキルをパワーアップするには、相手を観察し、問いをあきらかにすること。合わせて、相手を見る目を変えること

・合意形成の注意点としては、バイアスに注意すること。多数決の場合でも答えを間違うことがあること

・コンセンサスを最大にし、満足の総和を高めることが求められる

・合理的、論理的に練り強く行う

・対立を健全に折り合いをつけ、本当の欲求を見つけて土俵を広げて、思い込みを打ち破ることが合意形成を高めることにつながる

(3)答えを生かす

・相手を見る目を養う

・バイアスを取り、本当の欲求を見つけ出す

・満足の総和を発見する

(4)Baby Step

今日のMTGで相手の見る目を養う

今回のマインドマップ。相手の観察は本当に重要なのね…痛感

相手をよく見ることと満足の総和を発見することは今日学んだことかな。

粘り強く、未来を見て進んでいくぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です