【100冊読書35/100冊】サンタクロース物語

Facebook

35冊目はちょっと、いや、かなり早いがサンタクロースに関する本。

ちょうど来月から各ディズニーパークでクリスマスのイベントがスタートするからちょうどいいタイミングではあるので。

35.「サンタクロース物語」ジョセフ・A・マカラー著

本当のサンタクロースの姿は、本人が無口なこともあり、あまり知られていないのが事実。

そこで、昔からの伝説や今の話をまとめたものが本書である。

(1)問い

・サンタクロースの過ごし方のポイントは?

・私が生きるヒントとして役立つものは?

(2)問いの答え

・サンタクロースは困っている人や子供を助ける人

・私に役立つポイントは「人を助ける」「善人を見抜く」

・そして「平和」「喜び」「愛」「思いやり」「まごころ」を世界に広める

(3)答えを生かす

・周りの人を助けるサンタクロースになる!

・そして「平和」「喜び」「愛」「思いやり」「まごころ」は私の生き方として指針となるポイント

なので、これらを世界に広める

(4)Baby Step

愛や平和、喜びを思い描いて生きる(まずはその感情を感じる)

今回のマインドマップ。最後の回答にグッときたなぁ…力が湧いてきたぞ!

サンタクロースはただ子どもたちにプレゼントを配っているだけじゃない。

生きる意味を広める人なんだと。

そう考えると心がほっこりするし、正直に、正しく生きていいと、逆に力を貰えた気がする。

心がいい気に満たされているぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です