【上海レポ】これは雑技団!?上海の「ターザン」のショーを見に行こう

Facebook

パークではアトラクションよりショーやパレードが好きな私。
どこに行っても圧倒的にショーやパレードを見ている時間が最も長いです。
上海でも御多分に洩れずショーやパレードばかり見ているのですが、その中でも1、2を争うぐらい好きなのが「ターザン・コール・オブ・ザ・ジャングル」です。
ディズニーのショーに中国雑技を取り入れたショーで、ターザンの世界観をよく表現していますよ。
今回はこちらのショーについてご紹介します!

注:本ショーは2019年に終了しているのでご注意ください。

1.ターザン・コール・オブ・ザ・ジャングルとは?

映画「ターザン」の内容を30分に凝縮したショーです。
というと普通の感じに聞こえますが、ここのすごいところは中国雑技を丸々取り入れているところ。
これを取り入れている事で、ターザンの持つ自然や動きのある世界観がうまく表現されているんですよ。
しかも言葉はなく、動きのみで表現されているところも日本人にはありがたいところ。
上海のショーはみんな中国語で行われますからね…。
1日4、5回行われており、会場は「アドベンチャーアイル」の「ストーリーハウス・ステージ」で行われます。
会場はかなり広く直前でも座れますが、正面のより良い席で見たい場合は開始30分前には遅くとも並んでおいた方が良さそうです。

2.どんな内容かご紹介!

ストーリーは映像にてターザンがなぜゴリラに育てられることになったかを紹介してスタートします。
まずは幼少期のターザンから。

まずは複数枚のお皿を回す芸から。お花など自然豊富なところを表現しています。これは朝飯前のようで、
いやいや、上に乗って足が思いっきり左右に開脚してますけど!
ターザンが仲間のゴリラと遊ぶのですが…なんていう長縄跳び!
宙吊りもお手の物!元気に遊ぶ様子が描かれています
ヒョウのサボーと戦ったときは…、
その持ち上げ方は…!この後、ほら穴でやっつけて登場します。
お爺さんの調査についてきた人間のジェーンと出会ったターザンは…
このアクロバットですよ…ぜひ生で見ていただきたい!
ゴリラたちが人間のキャンプで遊んでいると…
人間たちが銃を持って襲ってきた!
ここのアクロバットも手に汗握る素晴らしさです。お見逃しなく!
あぁ、ターザンが撃たれてしまう!
最後のシーンは胸を打たれます…じーん
クライマックスも素晴らしいアクロバットを見れますよ
場面転換や背景も細かな出来です。何度見ても発見がありますよ

何と言ってもこのショーの魅力はこのアクロバット!
これは同じ人間がやっているのかと思うぐらい素晴らしい技の数々を披露してもらえます。
ストーリーも良くできているので、家族で見ても楽しめると思いますよ。
上海ディズニーランドに行ったらぜひ一度は見ていただきたいショーです!

言葉が分からなくても楽しめるのがこのショーの良いところ。ぜひガン見してくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です