夏の坂戸感

Facebook

なんでしょう、この涼しさは?
いや、これまでが暑すぎたのか…?
いきなりこうカラッと涼しいと、うっかり風邪を引いてしまいそうだね…気をつけよう。

そんなことを考えながらドンブラドンブラ電車に揺られること2時間強。
坂戸に着いたのはお昼過ぎでした。
うっかり電車に乗り遅れ(爆)30分遅刻…演舞はスタートしていましたが…!
そんな時、うっかり発見した長身のあのお方は…みのさん!
みのさんのいたところは「坂戸楽天」の出店…ということで、早々にまこっちさんやJunJunさんに会えたのでした。
こんなに早々に会えるとは珍しいなぁ。

「坂戸・夏よさこい」はお祭りとしてはまだ4回目と新しいところ。
もともとこの週に行われていた「坂戸よさこい」が10月に移動したことからできたお祭りです。
会場は3つとこじんまりしており(坂戸よさこいは7、8会場)、参加チームも坂戸よさこい本祭の半分ぐらいだろうか。
私のイメージとしては、坂戸市が主体となっている坂戸よさこいと比較し、手作り感が強いお祭りです。
チームさんによる出店も坂戸夏よさこいならではかな?

まず私が行ったのは子どもフェスタ会場。
ここは出店がたくさんあり、テント+テーブル+イスがあるので、のんびり飲んだり食べたりしながら演舞を観れるところです。
私が行ったのは昼食時間帯ということもあり、お昼を食べながら見ている人が多かったかな。
ただ、会場が少々狭くテントがあるため、立って見れる場所はそれほど多くなく…私もテント越しに見ていました。
(日中はまだ暑くてそこまで人が多くなかったのが救い)

上にちらっとテントが写っているでしょ?座っている人たちは食べながら飲みながら演舞を見ていました

1時間強そこにいた後は、駅を通り過ぎ、駅の反対側へ。
今度は南口会場へ向かいました。
駅の北口側に2つ会場があり、ここは唯一の南口側の会場。
メイン会場ではないからか、会場が離れているからか、人は少なめ…ちょっと寂しいなぁ。
でも建物の影がたくさんできており、過ごしやすい環境が整っていました。
ありがとう、これは快適!日焼けもしないぞ(爆)。
ここは道幅も広く、踊りやすい感じなのかな?
みなさん、悠々と踊ってらっしゃいましたね。

南口会場は早い時間に影にすっぽり…見る人にとっては有難い環境です

元々涼しい風が吹いていた坂戸ですが、夕刻になると日も弱まり、だんだん人出が増えてきました。
20時までやっているから、のんびり出てきた人も多いのかな?
17時で終了する南口から再び駅を通り過ぎ、北口へ。
こちらもより人が増えてきたな〜。
私は子どもフェスタ会場とメインの北口会場を行ったり来たり。
北口会場は流し踊り会場で、1チーム12分演舞できるという会場です。
地方車は固定されていますが、より長く踊れるという点では踊り子さんにとっては嬉しい会場ではないかな。
ここは坂戸駅までをつなぐ道のため、人通りも多く、見ている人も多いですね。

道幅が全体的に細いため、特に通路側は通るのに苦労…かなり混雑していました

そして到着してすぐ会ったみのさんたち以降、私は誰にもお知り合いのみなさんにお会いしていなかったのですが、北口会場に立ったとたん、色んな人たちに会うこと!
・ナイスな応援団のもりねぇさんとは全国のお祭り情報交換をし、
・最近はどちらのチームですか?なコジコジさんとは一瞬
・道の反対側にいた「妃龍」セレ母さんはよく私を見つけましたね!セレ父さんもどうもご無沙汰しています

最後の総踊りを少し見て私は退散。
過ごしやすい気候で助かった坂戸でした…。
だいぶ夏よさこいも根付いてきた感じがありますね!
この後は10月の坂戸よさこい本祭、そちらも楽しみになってきます。

こじんまりしていますが、より密度濃く過ごせる夏の坂戸かもしれませんね。踊り子さんも楽しそうでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です