【読書会】私と読書会との出会いは…?

Facebook

私はリーディングファシリテーターになって早6年が経過します。

その間、色々なことがあったけど、50回以上の読書会を主催してきました。

今回は私と読書会との出会いについて、改めて考えてみたいと思います。

1.出会いはとあるセミナーから

私が読書会と出会うことになったきっかけは2012年秋。

フォトリーディング(速読法の一種)の創始者であるポール・シーリィ博士の来日セミナーでした。

2日間、かつ高額セミナーということで、来ているのは経営者や経営幹部の人たちばかり。

ヒラ会社員の私とすれば、かなり場違いな場所に来ていたことは間違いなしです。

その緊張している中で、隣になった人がある女性を終了後に紹介してくれました。

その人は読書会を主催しているとのこと。

読書会?

本を読んで感想をってこと?

それはかなり発言するのも緊張しそうだけど

2.はじめての読書会

でも誘ってもらったのも何かの縁だろうということで、参加してみました。

その時読んだ書籍は「Business Model Generation」。

ビジネスモデルキャンバスという、1枚のフォーマットを使ってビジネスモデルが作れるという本です。

この本についてグループごとに分かれてその場で読み、さらにその場でビジネスモデルを作る。

本を読んでこなくていい。

本を読んだ後、実際に本の内容を体験してみる。

面白いじゃーん

それ以降、さまざまな読書会に顔を出すようになり、ここから一気に交友関係が広がっていったかな。

会社員の方がその時は多かったけど、今では独立した人も多いかと。

著者や経営者など、有名人になった方も多いなぁ。

その時に仲良くしていただいた方の多くは、今でも仲良くさせてもらってます。

ちなみに、そのとき読書会に誘ってくれた女性は、現在私が所属している「Read  for Action協会」の事務局長の木村さん(当時はまだ会社員だった)です

私は初対面の人と話をするのは苦手なのですが、話さねばならない環境ができれば(自己紹介、グループワークなど)話せるので、そういった環境になるのも読書会は良いのかもしれません。

そこで数稽古を行なってきたこともあり、今では多少は初対面の人とも話ができるようになったかな。

出会いも徐々に増えてきていますよ!

<2020829()1012時に、「ベストパートナーを育むオンライン読書会」を開催!>

詳しくはこちら

Read for Action読書会はただ読むだけでなく、ワークショップ形式だったことが一番嬉しかったかな。一緒に協力してできるのは楽しくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です