【WDWへの道】アメリカン!オールスターミュージックの外観や施設は…? 

Facebook

前回はフロリダ・ウォルトディズニーワールドの最安値ホテル「オールスターミュージックリゾート」の概要や客室についてご紹介しました。

今回はホテルの施設やパークへの交通、そしてアメリカンな外観についてご紹介します。

どんな施設があるのでしょう?

1.ホテル内の施設は

ホテルの施設は基本的にフロント棟「メロディホール」およびその周辺に集中しています。

(1)フードコート「Intermission

ホテル内唯一のレストラン施設がこちら。

早朝から夜遅くまで(私が行ったときは623)営業しています。

基本的にはハンバーガーやサンドイッチ、パスタ、ピザなどのホットフードを中心に、サラダやパン、デザートなどを販売しているレストランです。

基本的にパークや他の商業施設で食べてこない場合、ホテル滞在者はここで食べることになるので、朝晩はそれなりに混雑していました。

私も一度夕飯時間帯に注文。

人気は日本でいうところの宅配ピザのLサイズくらい?の大きなホールピザ(ペパロニピザとチーズピザ、それぞれ1819ドル)で、特に家族で来ている方がこぞって注文している印象でした。

私もピザ好きですが、そんなには食べれないので6分の1にカットされたスライスピザ(9ドル)を注文。

ザ・ピザといったそのままの味でした。

なお、こちらは以前ご紹介したモバイルオーダーが使用でき、事前に決済まで終わっていれば後は取りに行くだけでOKなのがありがたいところです。

入口。朝イチで撮影したので人はまだほとんどおらず。左手奥に注文カウンターやケーキなどが入っている冷蔵庫があります。座席は室内だけでなく外にもありましたよ

(2)グッズショップ「マエストロ・ミッキー」

基本的にはパークで販売されているグッズが販売されていますが、中にはホテルオリジナルグッズがあるのが特徴。

Tシャツやマグカップなどがあったかな。

パークグッズもパーク内ではなかったけど、ここにあるじゃん!的なものがあったりするので一度覗いてみましょう。

また、生活用品や飲料、インスタント食品などが販売されているのも長期滞在の多いフロリダパークならではの特徴です。

シャッターが閉まっているところがショップ。手前しか見えていませんが、奥に結構広いです

(3)プール&プールバー

こちらには2つのプールがあります(どちらも宿泊者限定)

まず、フロント棟に近い大きなプールが「カリプソプール」。

ギター型のプールで、中央にドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートの「三人の騎士」がいるのが特徴です。

こちらには小さなお子さんも安心な深さの「キディプール」もありますよ。

プールに入って疲れたら、チェアに座ってのんびりということも可能ですよ。

昼間のカリプソプール。よく見ると中央にドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートがいますね。パークに出かけている人も多い真昼間でも結構いらっしゃいます

カリプソプールには隣接する形でプールバー「シンギング・スピリッツ・プールバー」もあります。

こちらは簡単なおつまみとお酒類を扱うカウンターバーです。

メニューを見る限り、ビール類が豊富な印象。

日が暮れてからプールを眺めてのんびり飲むなんてのもいいかもしれませんね。

こちらはプールの営業終了後の様子(正しく言うと早朝)。ナイトプールもみなさん楽しそうでした。22時ぐらいまで確か空いていたはず

もう一つのプールはホテル奥にある「ピアノプール」

こちらのほうがカリプソプールの半分ほどしかありませんが、人も少なくのんびり楽しめるのが良いかと。

(4)その他

・コインランドリー(2カ所)

プールに隣接する形で2カ所コインランドリーがあります(入室にはルームキーが必要)

洗剤は販売もしていますが、日本から持ち込んだ洗剤や柔軟剤も使えますよ。

また、中にはドリンクの自動販売機もあります。

・オリジナルタグ作り販売機

「メロディホール」内にあるこちら。

自分の名前を刻印できるタグ作りの自動販売機があります。

デザインはフロリダパーク50周年記念のものでした。

こちらがタグ作り機。中央下をよく見ると、様々な形のタグがあることが分かります。値段は…すみません未確認。ちなみにパーク内などにも同様の機械がありますよ

・ゲームコーナー

同じく「メロディホール」内にあり、いわゆるゲーセンのゲームが並んでいましたよ。

2.パークへの交通は

4パーク(マジックキングダム、エプコット、ハリウッドスタジオ、アニマルキングダム)および商業施設の「ディズニースプリングス」へはバスでの移動となります。

メロディホールに隣接する形でバス停が並んでいますよ。

バスは1020分ごとに1本というペースできますが、バスがどのくらいで来るかはバス停向かいにある画面にてチェック可能です。

バズ停自体には屋根がないのですが、向かいの待合室には屋根とベンチがあります。2つ目の「L」の字の左手にちらっと見えているのがバス接近情報の案内
パークから戻る場合は「オールスターミュージック」と書かれたバス停へ。バス停は変更の場合もあるので乗る前にご確認を。人が少ない時間帯は直通便ではなくミュージック、スポーツ、ムービーの3ホテルを回る経由便となることも

合わせてオーランド国際空港への各種送迎シャトルもこちらから出ています。

専用バス停があるのでお間違えないように。

空港行シャトル乗り場はこちら。分かりやすく書かれていますよ

3.音楽モチーフが激しい外観!

オールスターミュージックリゾートは5つの音楽をモチーフにデザインが施されています。

・カリプソ(メキシカン)

・ジャズ

・ロック

・カントリー

・ミュージカル(ブロードウェイ)

宿泊棟は10棟あるので、2棟ずつ上記モチーフになって外観がデザインされていますよ。

うっかりロックは写真を撮りそびれたのですが、それ以外を写真でご紹介します。

改めてホテル案内図。メロディホールに近いところから、カリプソ(上の番号の1と10)、ジャズ(同2と9)、ロック(同3と4)、ミュージカル(同7と8)、カントリー(同5と6)となります
メイン棟に最も近い「カリプソ」。巨大な木琴?やマラカス、コンガなどが印象的です
ジャズはかなり分かりやすい!舞浜・シーのショー「ビッグバンドビート」をほうふつとさせます
両脇の建物に手や棒がちらちら見えているこちらはミュージカル。普通にきれいな道路ですな…!
そして私が宿泊したカントリー。なんとなく西部開拓時代感がありますね
ロックないな…と思っていましたが、この部屋の準備ができた旨のアプリ画面がロックだったことを思い出しました。ロックはこんな感じ

客室内は特に音楽要素がないと前回ご紹介しましたが、メイン棟「メロディホール」には音楽要素がありますよ。

フロント向かいには巨大なヘッドホンが置かれていたり、ミュージックスターの写真がたくさん飾られていたり

こちらもあわせてご紹介します。

左手がフロントデスク、そして右手の黄色いのが巨大ヘッドホン(横から)。そばに置かれた電動スクーターと比較すると大きさがよく分かります
音楽スターなどの写真が飾られたエリア。ぱっと分かるのが数人しかおらず…確実なマイケル・ジャクソンを

いかがでしたか?

かなり楽しげな感じが伝わりましたかね。

実は両隣のスポーツおよびムービーリゾートのほうがディズニーキャラクターが多いらしいので、ディズニーキャラクター感が味わえるかというとだったりします。

(個人的には「三人の騎士」がいればOKなのですが)

フロリダパークの直営ホテルはここ以外にももちろんたくさんありますが、その紹介はまた後日。

ちなみに写真の左手から奥のマラカスまでが1棟分。1棟がかなり巨大なホテルだというのがよく分かるかと…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。