【香港に行くときは…】パークでも刺される!?虫刺されに注意!

Facebook

今年に入り、香港パークに行って蚊に刺された、という話を立て続けに聞きました。
どうも香港の蚊は日本の蚊より強烈らしい…!
私は美味しくないのかあれだけ香港に行っても刺されたことはないですが(爆)、日本でもよく刺されるという人は注意が必要ですね。

そこで今回はどんな蚊に刺されるのか?という現状から対策を調べた範囲でご紹介します。

1.こんな蚊が現れる!

香港は4〜9月が雨季ということで、この時期は香港政府でも蚊に気をつけましょう、と呼びかけています。
特に昨年(2017年)は大量繁殖したそうで、香港政府は自宅で水を溜めないように呼びかけたとのこと。
伝染病(デング熱など)の媒介になるから、というのも大いにありますね。

ですが、最近情報としてよく聞くのは普通の蚊ではなく「サンドフライ」と呼ばれるもの。
ブヨの一種らしいのですが、刺されると、
・ものすごいかゆく、3週間ぐらいかゆみが続く
・そのかゆさは夜も眠れないぐらい
・一度刺されると抗体ができ、その後はかゆくならないらしい
とのこと。恐ろしや…!
刺された人はとにかくものすごいかゆい期間が長かったと言っているので、みなさんたぶん「サンドフライ」にさされたようです。

2.対策は?

手っ取り早いのは、日本から虫除けスプレーとかゆみ止めを持参していきましょう。
虫除けスプレーをこまめにかけることで、刺されるリスクは大幅に減るそうですよ。
特に肌が弱い方など、自分に合ったものを持っていくのがオススメです。

…忘れた!
という場合は、香港市内や空港にあるドラッグストアで購入しましょう。
どうも香港で販売されている虫除けスプレーの方が強力らしい…日本のものは効かなかったけど、香港のものなら効いた、という人もいました。

また、肌をなるべく露出しない服装にすることも大切ですね。
香港は暑いので、通気性の良いものを着ましょう!

3.パークでも借りれる!?虫除けスプレー&虫刺され薬

なんとパークでも借りれるそうなんですよ。
メインストリートUSAにある「シティホール」で借りれるそうです。
刺されやすい方は到着したらシティホールに行って借りるのが良さそうですね。
刺された時もシティホールで虫刺され薬を借りられるそうですよ(ムヒみたいな薬を貸してくれるそうです)。

香港行ったら3週間も痒みに悩まされた…それは嫌だなぁ。
特にこれからは蚊の発生するシーズン。
サンドフライも恐ろしいので、香港パークに行く際はしっかり虫除け対策しましょう!

特にお子さんが刺されたらかわいそう…!みなさん、虫除け対策は万全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です