【アウラニレポ】ホノルルまで往復5.5ドル!?The Busでアウラニから出かけよう

Facebook

本来であれば、今回のアウラニの旅はレンタカーを借りて移動するはずでした。

が、うちの相方が免許証を忘れてしまい(ハワイは日本の免許証で運転可能)、レンタカー借りれず…。

そこで白羽の矢が立ったのが「The Bus」というもの。

これはハワイの公共バスなのですが、どんな乗り物なのでしょう?

今回は実際に乗った様子をアウラニとホノルル方面への往復を中心にご紹介します。

1.The Busとは?

ハワイの公共交通機関であるThe Bus。

鉄道がないハワイでは貴重な交通手段です。

なんと、1日に25万人利用しているとか…オアフ島の人口が100万人らしいので、4分の1は利用しているということですね。

どんな路線を走っているか、また時刻を確認したい場合はアプリの「Da Bus」をダウンロードしましょう。

ただ、路線番号やバス停名が分からないと検索しづらい問題があるので、一番便利なのはGoogleマップで検索するのが最も簡単だと思います。

2.アウラニからホノルルまで行ってみよう

アウラニからホノルルまでに行くのには「C」バスに乗ります。

これは「Country  Express」という種別のバスでハイウェイを通る快速バスです。

同じ路線でハイウェイを通らない「40」のバスもあるのでご注意を(所要時間が2時間超になるそうです)。

「C」「40」ともに大型ショッピングモールのアラモアナセンター行きです。

「C」の場合、アラモアナセンターまでの所要時間は最短1時間ほどといった感じです。

(渋滞も多いので、時間には余裕を持って移動しましょう)

バス停は「Farrington Hyw+Aliinui Dr」というところで、アウラニの入口から徒歩で15分ほどです。

「C」のバスは30〜40分に1本出ています。

Googleマップで該当バス停を検索すると、バスの遅延まで含めてあと何分後にくるか出てきます。

ハイウェイ上のバス停なので、車にはご注意を。

赤いピンがホノルル方面行きバス停。結構分かりやすいルートです
こちらがバス停。どの系統のバスが止まるか分かるようになっています
右手の「Bus Stop」の番号がバス停番号。アプリで検索するときに便利かと
バスルート。カポレイからホノルル国際空港を過ぎた辺りまではハイウェイに乗ります

バスに乗車したら運転士さんから1日乗車券(5.5ドル)を買いましょう。

1回券(2.75ドル)もあるのですが、2回乗れば元が取れてしまいます。

こちらが1日乗車券。ペラペラな紙なので、何かに挟んで保存すると良いかと

乗車したら、後は揺られて待ちましょう。

アラモアナセンターまで乗車する場合はそのまま乗っていれば良いですが、途中駅で下車する場合は、Googleマップで確認するのが良いかと。

下車するときは窓側に張られたヒモもしくは降車ボタンを押して知らせます。

窓側の金属っぽい線が降車ボタン代わり。平日朝8時台でしたが、乗車したときはそこまではなく…。その後混んできました

3.街中を移動してみよう

The Busはアラモアナセンターを拠点に走っている場所が多いです。

ここからワイキキやダイヤモンドヘッド、またオアフ島の各地へ行くことができますよ。

Googleマップで検索すれば乗車系統のバスやどこで下車すればいいかも確認できるので、各所へ行くことが可能です。

私は、

・ハワイ出雲大社

・ワイキキのビーチ

・モアルアナパーク(この木なんの木)

に行ってきました。

ハワイ出雲大社は途中のバス停で降ります。最寄バス停からチャイナタウンを通り7、8分ぐらいだったかと
うっかりカメハメハ大王像の前も通れました
この木なんの木については日立のウェブサイトにも詳細な行き方が書かれていますよ

4.ホノルルからアウラニへ帰ってこよう

同じく「C」のバスに乗って戻ってきましょう。

下車地は「Farrington Hyw+Waiomea St」です。

最寄として「Aulani」と言ってくれるのでちゃんと聞いていれば大丈夫かと。

ただ、ここで下車するとアウラニまで徒歩30分以上かかります。

後日、アウラニの日本語コンシェルジュの人に聞いても徒歩の最短経路が分からないという…。

手前のカポレイのショッピングモールの近くで下車し、アウラニの送迎バスで帰ってくるかウーバーを使うのが一番楽かな…というのが後になって思ったことです。

(人通りも少ないので、夜間の帰りはおすすめしません)

赤いピンが帰りのバス停。歩道があるコイオ・ドライブ→アリイヌイ・ドライブを経由して帰ってきましたが…これほど遠いとは…

5.注意点

(1)スーツケースを持っての乗車不可

The Busは大型スーツケースを持っての乗車ができません。

そのため、アウラニからホノルルのホテルへ移動…というのには使えないのでご注意ください。

(2)お釣りは出ない

海外のバスあるあるですが、お釣りは出ないので、事前に細かい現金を用意しておく必要があります。

同時にクレジットカードも使えません。

帰りのバス停からアウラニまでの遠さに閉口しましたが、それ以外は格安で色々なところに行けるのは良かったかと思います。

また地元の人の生活感を感じれるのも良いかと。

レンタカーは乗れないけど、格安でワイキキ方向に行きたい場合におすすめです。

ワイキキまで格安で行けるのは嬉しいポイント。身軽な格好で向かいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です