【WDWへの道57】ニモの世界を大満喫!エプコットのSEA館

Facebook

今年、東京のシーに新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープンしました。
私も先日ようやく乗ってきましたが…揺れる恐ろしさより可愛さのほうが優っていて一安心。
同時リニューアルした「タートル・トーク」と合わせ、シーの世界観にマッチした感じになった気がします。

所変わってウォルトディズニーワールド(WDW)のエプコット。
こちらにも「ファインディング・ニモ」の世界観を満喫できるアトラクションがあるんです。
しかも複数!しかも水族館付き!?

今回は「シー・ウィズ・ニモ&フレンズ」を中心とした「シー・ウィズ・ニモ&フレンズ館(以降SEA館)についてご紹介します!

1.シー・ウィズ・ニモ&フレンズ館とは?

SEA館は以下の5つから成り立っています。
・シー・ウィズ・ニモ&フレンズ(アトラクション)
・タートル・トーク(アトラクション)
・水族館
・コーラル・リーフ・レストラン
・グッズショップ

この中で特筆すべきは水族館!
なぜここに水族館があるのか…これは以降でお話ししたいと思います。
要は海の仲間たちが集合した施設ということですね。

その中でもメインは「シー・ウィズ・ニモ&フレンズ」のアトラクションになります。
このアトラクションが凝っているんですよ〜。

2.シー・ウィズ・ニモ&フレンズはどんなアトラクション?

貝殻型のライドに乗り、ニモの世界を巡るアトラクションです。
東京ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」をニモにした感じなので、お子さんたち大喜びな内容(怖くないです)!
そして後半にはビックリ演出が!
どんな演出かは写真でどうぞ〜。

こんな仲間たちが登場します!
さぁ、海の中に潜っていきますよ
ニモの仲間たちがたくさん登場!
ん、ドリーかな??
おーっ、エイ先生たち…って、後ろはリアルなお魚さんたち!?
ヒャー、ビックリ!最後の演出にはやられました…

ファストパスプラス対象アトラクションですが、混んでいても15〜20分ぐらいなので、あえて取る必要はない気がします。
私もスタンバイで乗りましたが、10分待ちでした。

3.タートル・トークはどこが日本と違うの?

同じ建物には東京ディズニーシーにもある「タートル・トーク」があります。
多分日本と同内容ではないかと…日本も「ファインディング・ドリー」の内容が付加されたし。
英語版でも結構楽しめますよ、
ただ、当てられる可能性もあるのでご注意を…!

待っている間は海の生き物についての紹介を読んだり、
エイ先生クイズに挑戦したり…
リアルなお魚を見て癒されましょう!
待合スペースも半水族館状態です…!!
内容は日本のものと同様の気が。当てられたら頑張って英語で話しましょう!

4.驚きのリアル水族館!

まさかエプコットにこんな大々的な水族館があるとは思いませんでした!水槽もかなり大きいし、イルカやエイなどの大型なものが泳いでいるし…!!
ダイバーさんによる餌やりなど、普通に水族館で観れるのと同じじゃないか!
子ども向けクイズはニモや仲間たちが教えてくれるので、アメリカンキッズは大喜び!
さらにはサメのクラッシュの口に入って?撮影できるスポットなど飽きさせません。

ダイバーさんが泳げるほどの大規模水槽があるなんて…!!
水槽の底には隠れミッキー!細かいところでディズニー色が出ています
ニモたちがたくさん!
ニモたちが楽しく海の生物について教えてくれます
みんなサメの中に入りたいのか、大人気でした!

この他にも水族館の魚たちを観ながら食事をする「コーラルリーフ・レストラン」やニモのグッズを多く取り扱ったショップがあります。
特に水族館は暑い時期に行くと涼しく過ごせて快適そうですね。
特に「シー・ウィズ・ニモ&フレンズ」のアトラクションはここにしかないのでぜひ体験してみましょう!

細かく見ていくと見所満載!ぜひ時間を取って見にいきましょう!

Post Author: summy

ディズニー、よさこい、見切れ写真など、ともかく何でも面白がってやっちゃうSummyのブログです。 次はこんなことも、あんなことも?!と面白がってご覧ください。 Let's Fun to the WORLD!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です