【パリレポ】ウォルト・ディズニー・スタジオでグリーティングを楽しむ!

Facebook

前回はディズニーランド・パークのキャラクターグリーティング事情をご紹介しました。
今回はもう一つのパークであるウォルト・ディズニー・スタジオのキャラクターグリーティング事情をご紹介します。
同じパリパークなんだから一緒でしょ、と思いますが、そうじゃないんだなぁ…。

1.ウォルト・ディズニー・スタジオ最大の特徴は…

ウォルト・ディズニー・スタジオのキャラクターグリーティング最大の特徴は、一部のグリーティングでアプリでの予約を導入している点です。
そのときによって対象グリーティングは異なると思いますが、だいたい4〜5カ所のキャラクターグリーティングで導入されています。
アプリでのキャラクターグリーティングについては次回ご紹介しますので少々お待ちを。

こちらの可愛いミニーちゃんについては要アプリ予約が必要なんです。こちらについては次回。

2.アプリ未導入のキャラクターグリーティングは…

私が行った2018年11月時点でアプリ未導入のキャラクターグリーティングは次の3タイプありました。
・エントランス付近(当時はサンタグーフィーのグリーティング)
・エクストラ・マジック・タイム時間帯のグリーティング
・時間帯などの決まっていないフリーグリーティング

このうち予定が立てやすいのはエントランス付近でのグリーティング。
エクストラ・マジック・タイム時間帯(直営ホテル宿泊者または一部の年間パスポート所持者向け朝の優先入園)でも開催しており、列は比較的短めです。
通常開園時間帯でも夕方ぐらいまで開催しているので、余裕がある時間帯に行くのも手かと。

「DINGO」とはフランス語でグーフィーのこと。違いすぎる…!
この日は雨が降っていたので大きなパラソルの下でグリーティングでした。20分ぐらい待ったかな?

次はエクストラ・マジック・タイム時間帯に行われているキャラクターグリーティングです。
アプリが導入されているキャラクターグリーティングでも、この時間帯は対象外なので並べば確実に写真が撮れるのが魅力かと。
ただし、対象となるのは1〜1.5時間ほどと短いのでご注意ください。

プルートは元気いっぱい!通常開園15分ほど前にグリーティングできました。15分ほど待ったかと。

最後に特にホームページでも示されていないキャラクターグリーティングです。
私が行ったときはレミーたちのグリーティングが行われていました。
ただこちらについては現地でキャストさんに聞いても分かるのか?という感じなので、会えたらラッキーぐらいのレベル感で…。

こちらはレミーのお兄さん(らしい、うちの相方が教えてくれました)。すでに長蛇の列だったのと時間の都合でグリーティングは断念…

いかがでしたか?
アプリは日本語なので、事前に日本でダウンロードしておけばサクッと使えますよ。
それ以外のキャラクターグリーティングも気軽に行けるものもあるので、予定を調整しながら行ってみましょう!

クリスマスコスチュームのキャラクターグリーティングが少ないパリパーク的にはサンタグーフィーは貴重!またアプリ予約不要なのも嬉しいポイントです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です