【フロリダへの道】ファストパスがなくなる?新サービス「ディズニージーニー」とは?

Facebook

現在、世界のディズニーパークでは紙のファストパスを発券しているところはないはず(もしかしたら香港は残っているかもしれないが、そもそもファストパスがなくてもすぐ乗れる)

舞浜パークも「スタンバイパス」という、アプリ上でファストパスをゲットする方法に完全に切り替わりました。

そして、今世界のディズニーパークでは有料ファストパスに切り替わるところが出てきています。

そんな中、今大きな話題となっているのがフロリダ・ウォルトディズニーワールドの「ディズニージーニー」。

10/18よりスタートとなったこちらについて、公式サイトなどからその概要をご紹介します。

1.ディズニージーニーとは?

ディズニージーニーは、ウォルトディズニーワールド(フロリダパーク)で楽しむゲストのために、より効率的にパークを楽しめるよう案内してくれるサービスのこと。

ウォルトディズニーワールドアプリに新しく入ったサービスで、購入したパークチケットを読み込ませると、既に予約済のレストラン予定などからオススメを案内してくれるものです。

(:フロリダパークは現在、4パーク入園のために予約が必須)

そのオススメの中に入ってくるのが「ライトニングレーン」。

こちらは有料で、通常並ぶよりも早くアトラクションを体験できるというものです。

(ライトニングレーンは2種類ありますが、詳細は後述)

そして1番の特徴が、「ライトニングレーン」の導入にともない、これまで行われていた「ファストパス」制度が廃止になったことです。

そうなんです、無料で行われていたファストパス制度の有料化ということになります。

フロリダパークアプリを開くと上のほうに「ディズニージーニー」サービスの案内が出てきます
案内を開くと説明が。この後はパークチケットの紐付などの画面が出てきます

2.ディズニージーニーでできること

(1)予定をカスタマイズ

現在、パーク滞在日の予約が必須となっているフロリダパーク。

既に予約済のレストランなどから、近隣のアトラクションのオススメを教えてくれるようです。

どうやら自分の好みに合わせてカスタマイズしてくれるようなので、高所恐怖症の私に「スペースマウンテン」がオススメされるということはなさそうだ()

レストランを予約していない場合でも、近隣の予約不要レストランをオススメしてくれるそう。

ちなみに、フロリダパークのレストランの多くが「モバイルオーダー」という、アプリ上で注文・決済をし、店舗では受け取るだけというサービスを導入しています(カウンターレストランの場合)。

今ならいつ受け取れるかも教えてくれるそうです。

これはいいかも!

こんな感じにオススメを案内してくれます。スマホ画面の上から2つ目がレストラン。モバイルオーダーの案内があるのが見て取れます

(2)ライトニングレーン

今回のメインとなる「ライトニングレーン」。

通常並ぶよりも早くアトラクションなどを体験できるものです。

そのライトニングレーンは2種類あります。

2種類あるというのがちょっと分かりづらい…よく読んで自分の予定に合わせて使い分けましょう

1)ライトニングレーン

パーク内の指定アトラクションが通常並ぶよりも早く利用できるもの。

フロリダ4パークのおよそ40のアトラクションに適用されています(対象アトラクションはこちら)

中にはショーも入っているので(ハリウッドスタジオの「美女と野獣」やアニマルキングダムの「ライオンキング」など)、個人的にとても気になります

こちらは有料で、1日当たり15ドル(プラス税金)

事前にパークチケットと共に購入する場合は少し割安になるそうです(20221月分より実施)

利用方法は、利用日当日朝7時から最初のアトラクションを予約可能。

その後はパーク入園後もしくは最初のアトラクション利用後に次の予約ができるそうです。

この辺のシステムはファストパス取得とあまり変わらないのかな。

画面はこんな感じ。今なら何時のライトニングレーンが取れるか案内してくれます

2)インディビジュアル・ライトニングレーン

しかし、上のライトニングレーンには対象となっていないアトラクションも一部あります。

例えば、10/1にオープンしたばかりのエプコットの「レミーのおいしいレストラン・ザ・アドベンチャー」や2020年初頭にオープンしたハリウッドスタジオ・スターウォーズエリアの「ライズ・オブ・レジスタンス」などです。

これらのアトラクションを早く体験したい場合には「インディビジュアル・ライトニングレーン」の購入が必要となります。

各パークに2つずつ、合計8つのアトラクションに設定されており、「インディビジュアル・ライトニングレーン」を購入すると1日に2つのアトラクションを利用できます(対象アトラクションはこちら)

なお、価格は日によって異なるということ。

例で紹介されていたのは14ドルとなっていましたが、これが最高額なのか、最低額なのか

地図上で予定を表示してくれるのも嬉しいポイント!

3.その他にできること

その他に

・ディズニーキャラクターになれる?ARアプリ

・パーク内のトリビアを紹介してくれる音声コンテンツ

などがあるそうです。

ARアプリについてはジーニーになった人の写真がありましたが、これ本当ならかなりリアルだなぁ。

その写真。これ、ジーニー役のダンサーさんじゃないよね?

実は有料ファストパスはこれまでも上海やパリパークで行われていました。

しかし無料ファストパスもあったので、利用価値は?という感じが正直ありました(繁忙期などは役立つと思いますが)

今回フロリダパークが思い切ったのは、無料ファストパスを廃止したこと。

こうなると、日本から行く私たちにとっては、時間を有効活用するためにも必要そうという判断になりそうですね。

ディズニージーニーについては、フロリダパークアプリからも購入可能ですが、事前に日本の旅行会社でも購入できるところがあります(ミッキーネットさんなど)

英語が不得手な方はこちらを利用するのも手です(ミッキーネットさんによる日本語のディズニージーニーの説明はこちら)

なお、このディズニージーニー、カリフォルニアパークにも今後導入されるとのこと。

こちらもチェックしておきたい情報ですね。

今後日本から行く場合には利用する可能性の高いディズニージーニー。行く前にさらに理解を深めておく必要がありそうです

Post Author: summy

ディズニー、よさこい、見切れ写真など、ともかく何でも面白がってやっちゃうSummyのブログです。 次はこんなことも、あんなことも?!と面白がってご覧ください。 Let's Fun to the WORLD!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です